0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

徹底的な調査と証人尋問で、「死人に口なし」の目撃証言を完全に覆した事例

徹底的な事前調査や法廷での反対尋問によって、目撃者の虚偽証言を完全に突き崩すことができた。

■死亡事故(判例006)
■確定年:2009年
裁判所認定額 約2,530万円
■東京地裁管内 (判決)

被害者データ 55歳 ・女性 (主婦)
■被害者が自転車で横断歩道を横断していたところ、普通乗用車と衝突
被害者は3日後死亡 加害者は禁錮1年2月執行猶予4年 (東京地裁管内)

認められた主な損害費目

逸失利益 約2,600万円
死亡慰謝料 約2,200万円
近親者慰謝料 約400万円
葬儀費用 約150万円
その他 約70万円
損害額
5,420万円
弁護士費用 約200万円
遅延損害金(2年8ヶ月相当) 約290万円
総計
約5,910万円
既払控除 ▲約3,380万円
最終金額 約2,530万円

詳細

本件は、信号の色に決定的な争いがありました。

相手側の運転手は、被害者側の信号無視を主張し、「賠償額は自賠責の範囲内で十分収まる」と主張。
同乗の目撃者も同様に、被害者の赤信号無視と証言したため、遺族側は大変不利な状況に追い込まれていました。

しかし、「生前の被害者の性格や行動パターンから、信号無視はありえない」という強いこだわりと確信を持ち、我々のところに相談に来られたのです。

早速、我々が遺族から事情を聴いたところ、被害者は事故の日、近所にある長女の家から自宅に帰る途中で、帰宅する際はいつも交通量の多い本件道路を怖がり、遠回りして押しボタン式の歩行者用信号機のある横断歩道を利用していたとのことでした。つまり、信号無視をするくらいなら、わざわざ横断歩道まで行く必要はなく、最短ルートで道路を横切ればよいということになるのです。

本件ではさらに、目撃者の信ぴょう性も争点となりました。運転者は32歳の男性、同乗者は16歳の女子高生でしたが、我々が当日の二人の行動を調べたところ、女子高生は警察に事故状況をまったく話すことなく現場から帰宅していることや、事故前に空白の数時間があったことなどが判明しました。
証人尋問でそうした矛盾点を徹底的に追及した結果、裁判官は「目撃者の証言は信用できない」とし、車の100%過失(赤信号無視)を認定。結果的に相手側は控訴せず、一審判決は確定しました。 (東京地裁管内)

増額のポイント

信号の色の立証は極めて難しいものだが、それでもあきらめず、こうした徹底的な事前調査や法廷での反対尋問によって、目撃者の虚偽証言を完全に突き崩すことができた。
当ネットワークの地道な立証活動なしには勝ち得なかった好事例である。