0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

【高次脳機能障害】16歳脳外傷併合5級を弁護士交代し2.5倍7,550万円に増額

約3,000万円で決めようとしていた弁護士介入事案で有りながら、2.5倍の7,550万円(自賠責抜き)で和解した事案

 

女性 受傷時16歳 症状固定時18歳

原告が自転車で青信号交差点を横断中、同方向右折の車に撥ねられた。

頭部外傷(脳挫傷)による高次脳機能障害7級ほか併合5級

認定損害額 約8,770万円 自賠責控除後和解額約7,550万円

すべて読む>>

 

既にネットで知られた弁護士に依頼され、自賠責併合5級1,574万円は取得済み、高次脳機能障害7級のみ評価で約3,000万円での示談を強力に勧められていました。母親が示談案を不満に思い、当ネットワークに相談に来られました。

 

我々は、被害者の外貌7級も請求に含め、高次脳機能障害7級を厳密に立証して、約7,550万円で和解しました。

 

約3,000万円で決めようとしていた弁護士介入事案で有りながら、2.5倍の7,550万円(自賠責抜き)で和解した事案です。

 

 

損害額(単位:万円)

逸失利益

約6,690万円

傷害慰謝料

約350万円

後遺障害慰謝料

約1,500万円

その他

約230万円

損害額

約8,770万円

任意控除

-約200万円

自賠責控除

-約1,570万円

※調整金

約550万円

和解額

約7,550万円

※遅延損害金及び弁護士費用相当額

2016年7月