0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

【高次脳機能障害】就労継続する5級の障害を立証

自賠責の被害者請求で高次脳機能障害5級の取得。

就労を続けているので賠償は困難を極めたが、4,780万円(自賠責別)の高額示談、人身傷害で当方過失10%を回収した例。

5級でありながら介護料日額2千円を認めさせた高額示談例。

 

男性 46歳 

原告がバイクで直進中、対向の被告車両が右折して衝突した。


すべて読む>>

原告は就労を継続していたため、賠償は困難を極めた。

付き添い介護料ゼロのところ、高次脳機能障害5級で介護料日額2千円を認容させて、過失10%控除後4,780万円で示談した。

自賠責込の賠償金は、6,400万円もの取得となった高額示談例。

過失10%控除後の損害総額は8,770万円。(参考:和解額4,780万円、自賠責1,570万円、既払金2,410万円)

それ以外に、人身傷害で自身の過失10%分も回収した。

 

■ポイント

・被害者請求から支援し、高次脳機能障害5級の上位等級を獲得した。

・就労を継続しながら、介護料日額2千円を認めた。

・自賠責1,570万円と和解金4,780万円のほか、人身傷害で自身の過失10%分を回収した。

・九州方面の被害者であるが、距離に関係なく当ネットワークが高額示談した。

 

損害額:単位 万円

 

逸失利益

約4,210万円

休業損害

約1,720万円

将来介護料

約1,180万円

傷害慰謝料

約260万円

後遺障害慰謝料

約1,400万円

その他

約970万円

損害額

約9,740万円

過失10%控除後損害額

約8,760万円

任意控除

-約2,410万円

自賠責控除

-約1,570万円

和解額

約4,780万円

2016年7月