緊急なご相談はお電話でどうぞ フリーダイヤル 0120-89-0320 TEL:03-3667-0320 携帯電話からもご利用いただけます。

  • 文字小
  • 文字中
  • 文字大

文字サイズ

解決事案情報

トップページ ≫  解決事案情報 ≫  後遺症の異議申立 ≫ 【下肢障害】自賠責異議申立てし7級5千万円を訴訟で立証

【下肢障害】自賠責異議申立てし7級5千万円を訴訟で立証

異議申し立てなるも、保険会社は8級主張のままの対応、人身傷害も8級の対応。訴訟で7級を確定し、7級認定を求めるために訴訟へ及んだ。

訴訟で7級を認めさせ、人身傷害と損害賠償で5千万円もの高額を取得した例。

 

水戸地裁管内 和解 2012

男性 症状固定時46歳 

原告が運転代行業務車両に同乗中、左方路外施設からの被告トラックが衝突した。

下肢障害 併合7級


すべて読む>>

人身傷害で約1800万円を先行取得した。

当方人身傷害と相手保険会社が同じのため、等級に争いあり、賠償も人身傷害も下位等級で8等級相当の低額な提案だった。

自賠責に異議申し立て8級から7級になった。訴訟において自賠責等級を確定し、人身傷害・和解で計5千万円もの高額になった。

 

■増額のポイント

・自賠責8級を異議申し立て7級が認定された後、訴訟において7級を確定させた。

・逸失利益の基礎収入につき、実収入と平均賃金との中間額を採用した。

 

■損害額

 

損害額:単位 万円

逸失利益

約1,670万円

後遺障害慰謝料

約1,200万円

傷害慰謝料

約400万円

休業損害

約330万円

その他

約100万円

損害額

約3,700万円

自賠責控除

-約1,050万円

任意保険控除

-約370万円

労災充当

-約50万円

※調整金

約610万円

和解額

約2,840万円

※遅延損害金及び弁護士費用相当額

△ページの上部へ戻る

トップページ
弁護士の選び方と当ネットワークの考え方
所在地・アクセス
参加弁護士プロフィール
注目された主な取扱事案
当弁護士ネットの特長
プライバシーの保護と広報活動
3つのご相談方法
獲得した画期的判例
高次脳機能障害
遷延性意識障害
重度脊髄損傷
死亡事故
その他の後遺障害
交通事故・3つの解決方法
後遺障害とは何か?
集団的に取組む解決の利点
特に注力している5つの事案
交通事故3つの解決法
交通事故紛争処理センターでの解決について
交通事故・損害費目について
弁護士等による具体的アドバイス
後遺障害患者に協力的な医療機関を紹介
交通事故と被害者の保険
被害者の立場にたった事案の見直し
知っておきたい保険知識
事故が起きたときの証拠保全
重度後遺障害の主な立証項目
被害者団体の情報や交流をお考えの方々へ
後遺障害でお悩みの方々へ
交通事故後遺障害認定前の方々へ
交通事故後遺障害認定後の方々へ
総合案内
サイト利用規約
交通事故関連リンク集
コラム
交通事故用語集
サイトマップ