0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

【下肢障害】自賠責異議申立てし7級5千万円を訴訟で立証

異議申し立てなるも、保険会社は8級主張のままの対応、人身傷害も8級の対応。訴訟で7級を確定し、7級認定を求めるために訴訟へ及んだ。

訴訟で7級を認めさせ、人身傷害と損害賠償で5千万円もの高額を取得した例。

 

男性 症状固定時46歳 

原告が運転代行業務車両に同乗中、左方路外施設からの被告トラックが衝突した。

下肢障害 併合7級


すべて読む>>

人身傷害で約1800万円を先行取得した。

当方人身傷害と相手保険会社が同じのため、等級に争いあり、賠償も人身傷害も下位等級で8等級相当の低額な提案だった。

自賠責に異議申し立て8級から7級になった。訴訟において自賠責等級を確定し、人身傷害・和解で計5千万円もの高額になった。

 

■増額のポイント

・自賠責8級を異議申し立て7級が認定された後、訴訟において7級を確定させた。

・逸失利益の基礎収入につき、実収入と平均賃金との中間額を採用した。

 

■損害額

 

損害額:単位 万円

逸失利益

約1,670万円

後遺障害慰謝料

約1,200万円

傷害慰謝料

約400万円

休業損害

約330万円

その他

約100万円

損害額

約3,700万円

自賠責控除

-約1,050万円

任意保険控除

-約370万円

労災充当

-約50万円

※調整金

約610万円

和解額

約2,840万円

※遅延損害金及び弁護士費用相当額

2016年7月