0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

【鎖骨変形/下肢障害】11級に1,850万円の高額和解

裁判所和解案1,400万円に対し、当方は増額を主張し1,850万円に大幅増額した和解例。

 鎖骨変型と下肢障害の併合11級で労働能力喪失割合・年数が争点。

 

男性 受傷時33歳 症状固定時35歳

原告のバイクを、被告車両が左折巻き込みした事故。

鎖骨変型及び下肢障害 併合11級

 

すべて読む>>

一般的に労働能力喪失割合及び期間が低く評価される鎖骨変型及び下肢障害併合11級につき、緻密な立証で生涯期間を認めさせました。

また、裁判所和解案1,400万円に対して、我々は増額を主張し、1,850万円に大幅増額させました。

当初示談案460万円から、実に4倍での解決です。

 

■損害額

 

損害額(単位:万円)

 

逸失利益

約1,270万円

休業損害

約570万円

傷害慰謝料

約350万円

後遺障害慰謝料

約420万円

その他

約380万円

損害額

約2,990万円

過失10%控除後損害額

約2,690万円

任意控除

-約880万円

調整金

約40万円

和解額

約1,850万円

2016年9月