緊急なご相談はお電話でどうぞ フリーダイヤル 0120-89-0320 TEL:03-3667-0320 携帯電話からもご利用いただけます。

  • 文字小
  • 文字中
  • 文字大

文字サイズ

獲得した画期的判例

トップページ ≫  獲得した画期的判例及び和解

獲得した画期的裁判例を地域別・ジャンル別に検索できます

まずは、被害者の方々は、ご自分の事例と当ネットワークが裁判上、あるいは紛争処理センター上解決した事案と対比してみてください。

当ネットワークが獲得した最先端の裁判例を多数掲載しております。これは、各地の裁判所で我々の立証が評価された結果下された実績であります。また、この中には損害賠償の基準としてスタンダードな扱いを受けているものもあります。すなわち、当ネットワークの訴訟活動のスタイルの一つとして、自前で獲得した裁判例を元に、できる限り被害者が慰謝されるよう、裁判官に訴えるわけですから、その訴求力は他の追随を許しません。なお、あくまでもこのサイトに掲載されている獲得裁判例は、被害者の方から掲載の許可を得たほんの一部に過ぎません。
そして、全国の裁判所が認める獲得裁判例をこれだけ多数掲載できるのは、全国で当ネットワークだけであると自負しております。また、他の交通事故相談サイトでも当ネットワークが獲得した裁判例が多数引用されていることは、当ネットワークが獲得している裁判例が如何に先例的価値が高いかという表れでもあります。

【裁判例検索のご利用方法】
まずは、被害者の方々は、ご自分の事例と当ネットワークが裁判上、あるいは紛争処理センター上解決した事案と対比してみてください。その中で、当ネットワークがどのような事案をどのように進め、どのように解決したかを、その結果内容を含め十分にご理解ください。そしてその検索結果を参考にして、そのうえでご自身の事件に検討を加えて、当ネットワークにご相談ください。この中には、皆様の案件に類似した裁判例があるはずです。後遺障害別に検索できるようになっておりますので、下記に該当する後遺障害者名をクリックいただき、検索してみてください。

地域から検索する

札幌高等裁判所管内
仙台高等裁判所管内
東京高等裁判所管内
名古屋高等裁判所管内
大阪高等裁判所管内
広島高等裁判所管内
高松高等裁判所管内
福岡高等裁判所管内

ジャンルから検索する

高次脳機能障害  (こちらをクリックいただくと詳細な裁判例を検索いただけます)
頭部外傷による脳へのダメージが影響して正常な情報処理ができなくなります。また、外見での判断が難しいことも特徴の一つです。注意すべきは、脳の一部が損壊したからといって、その部分のみがつかさどる能力(例えば前頭葉は感情)が欠落するのではありません。脳とはもっと複雑なもので、たとえ脳の一部の損壊でも、そのつかさどる部分のみに影響が出るのではなく、人間の五感に少なからず障害が出てきます。したがって日々の生活状況を鑑みて、緻密な損害費目の立証が非常に大切です。
遷延性意識障害  (こちらをクリックいただくと詳細な裁判例を検索いただけます)
いわゆる植物状態です。排泄や床ずれ予防などの重労働といえる介護が必要となり、家族の負担ははかりしれません。加害者側は必ずと言っていいほど、被害者の余命の短さを主張してきます。しかしながらこれは加害者側の一方的な主張であり、良好な介護状態さえ確保できれば健常者との差はありません。問題点はこの良好な介護状態をどう裁判所にご理解いただくかであり、介護人の確保だけでなく、在宅での介護を考慮にいれ損害費目(例えば家屋改造費、移動用の車の改造費等)を綿密に立証していきます。
重度脊髄損傷  (こちらをクリックいただくと詳細な裁判例を検索いただけます)
一度損傷した脊髄部分は残念ながら回復は絶望的です。多くの場合麻痺が残り、日常生活にも大きな支障をきたします。単に移動が困難というわけではなく、脊髄損傷から内臓に障害がでる弊害もあります。またMRIやレントゲンでは確認しにくい中心性脊髄損傷という症例もあります。非常に専門性が高い後遺障害であるため、立証には十分な経験と実績が必要です。
死亡事案  (こちらをクリックいただくと詳細な裁判例を検索いただけます)
最悪のケースですが、お亡くなりになった方の死を無駄にしないためにも、残された遺族の方々の協力を得、できる限りの立証活動を行います。被害者家族には大変つらい作業ですが、物証や目撃者を突き止め、真実を導き出します。時には工学鑑定を行い、徹底的に原因を突き止め損害費目を立証していきます。
その他の後遺障害  (こちらをクリックいただくと詳細な裁判例を検索いただけます)
交通事故による後遺障害の内容は多岐にわたります。視力を失った方や四肢を失った方など、日々の生活への影響は図り知れません。後遺障害とは決して画一化されたものではありません。被害者の生活や職業によっても同じ受傷内容でもその損害費目は大きく変わってきます。たとえば日本舞踊の先生が足に後遺障害を負ったらどうなるでしょうか?
交通事故さえなければその先生は日本舞踊を教え続けることができたのですから、当然その分の損害費目が発生します。損害費目は被害者ひとりひとり違うのです。

提示額から大幅増額した例

高次脳機能障害
遷延性意識障害
重度脊髄損傷
死亡事案
その他の後遺障害

△ページの上部へ戻る

トップページ
弁護士の選び方と当ネットワークの考え方
所在地・アクセス
参加弁護士プロフィール
注目された主な取扱事案
当弁護士ネットの特長
プライバシーの保護と広報活動
3つのご相談方法
獲得した画期的判例
高次脳機能障害
遷延性意識障害
重度脊髄損傷
死亡事故
その他の後遺障害
交通事故・3つの解決方法
後遺障害とは何か?
集団的に取組む解決の利点
特に注力している5つの事案
交通事故3つの解決法
交通事故紛争処理センターでの解決について
交通事故・損害費目について
弁護士等による具体的アドバイス
後遺障害患者に協力的な医療機関を紹介
交通事故と被害者の保険
被害者の立場にたった事案の見直し
知っておきたい保険知識
事故が起きたときの証拠保全
重度後遺障害の主な立証項目
被害者団体の情報や交流をお考えの方々へ
後遺障害でお悩みの方々へ
交通事故後遺障害認定前の方々へ
交通事故後遺障害認定後の方々へ
総合案内
サイト利用規約
交通事故関連リンク集
コラム
交通事故用語集
サイトマップ