0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

はじめに

当ネットワークが獲得してきた判決は画期的な判決を多数含んでおります。
これは当ホームページでも紹介させていただいている「獲得した画期的判例」をご覧いただければご理解いただけると思いますが、被害者の方々には「交通事故事案ほど弁護士によって判決に優劣が付くものは無い」と肝に銘じておいて頂きたいと思います。判決は、被害者ご本人だけでなく、その家族の一生(介護生活)までも左右いたします。したがってより良い判決を得られるか得られないかは、死活問題となるのです。
ここでは、当ネットワークが獲得した画期的判決がメディア等で掲載された一部を紹介します。

≫ 週刊朝日:遷延性意識障害の記事(2007年4月)
「植物状態なら早く死ぬ」と保険金カット| 二重に傷つけられる交通事故被害者 実際...
≫ 「人身傷害補償保険」の支払い額に大差(2006年7月)
「植物状態なら早く死ぬ」と保険金カット」二重に傷つけられる交通事故被害者
損保会社による大規模な「不払い」が相次いで発覚。業界の「払い渋り」体質が指摘されている。さらに、こんな実態があるのをご存じだろうか。交通事故で「植物状態」になつた被害者の"余命を短く見積もつて、数千万~数億円の保険金を払い渋る事例が多く、被害者を二重に苦しめているのだ。