緊急なご相談はお電話でどうぞ フリーダイヤル 0120-89-0320 TEL:03-3667-0320 携帯電話からもご利用いただけます。

  • 文字小
  • 文字中
  • 文字大

文字サイズ

注目された主な取扱事案

トップページ ≫  注目された主な取扱事案

はじめに

当ネットワークが獲得してきた判決は画期的な判決を多数含んでおります。
これは当ホームページでも紹介させていただいている「獲得した画期的判例」をご覧いただければご理解いただけると思いますが、被害者の方々には「交通事故事案ほど弁護士によって判決に優劣が付くものは無い」と肝に銘じておいて頂きたいと思います。判決は、被害者ご本人だけでなく、その家族の一生(介護生活)までも左右いたします。したがってより良い判決を得られるか得られないかは、死活問題となるのです。
ここでは、当ネットワークが獲得した画期的判決がメディア等で掲載された一部を紹介します。

≫ 週刊朝日:遷延性意識障害の記事(2007年4月)
あいおい損保の「超」払い渋り。他社が3600万円のケースで0円の回答。
≫ 「人身傷害補償保険」の支払い額に大差(2006年7月)
「植物状態なら早く死ぬ」と保険金カット」二重に傷つけられる交通事故被害者
損保会社による大規模な「不払い」が相次いで発覚。業界の「払い渋り」体質が指摘されている。さらに、こんな実態があるのをご存じだろうか。交通事故で「植物状態」になつた被害者の"余命を短く見積もつて、数千万~数億円の保険金を払い渋る事例が多く、被害者を二重に苦しめているのだ。

△ページの上部へ戻る

トップページ
弁護士の選び方と当ネットワークの考え方
所在地・アクセス
参加弁護士プロフィール
注目された主な取扱事案
当弁護士ネットの特長
プライバシーの保護と広報活動
3つのご相談方法
獲得した画期的判例
高次脳機能障害
遷延性意識障害
重度脊髄損傷
死亡事故
その他の後遺障害
交通事故・3つの解決方法
後遺障害とは何か?
集団的に取組む解決の利点
特に注力している5つの事案
交通事故3つの解決法
交通事故紛争処理センターでの解決について
交通事故・損害費目について
弁護士等による具体的アドバイス
後遺障害患者に協力的な医療機関を紹介
交通事故と被害者の保険
被害者の立場にたった事案の見直し
知っておきたい保険知識
事故が起きたときの証拠保全
重度後遺障害の主な立証項目
被害者団体の情報や交流をお考えの方々へ
後遺障害でお悩みの方々へ
交通事故後遺障害認定前の方々へ
交通事故後遺障害認定後の方々へ
総合案内
サイト利用規約
交通事故関連リンク集
コラム
交通事故用語集
サイトマップ