0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

和解直前で代理人交代。相手側が主張する一方的な過失割合を大幅に覆したケース

不本意な和解案に流されず、思い切って当ネットワークに相談に来られたことが、よい結果につながった

■死亡事故(判例005)
■確定年:2009年
裁判所認定額 約5,610万円
■横浜地裁管内 (判決)

被害者データ 33歳 ・男性 (会社員)
■被害者が自動二輪車で直進中、対向右折の普通貨物車(無保険車)が衝突。 被害者即死 (神奈川・横浜地裁管内)

認められた主な損害費目

逸失利益 約6,830万円
慰謝料 約2,400万円
近親者慰謝料 約600万円
葬儀費用 約150万円
その他 約10万円
損害額
約9,990万円
過失20%控除後損害額 約7,990万円
弁護士費用 約510万円
確定遅延損害金 約120万円
総額
約8,620万円
既払控除(自賠責) ▲約3,010万円
最終金額 約5,610万円

※相手が無保険なので、無保険車傷害保険では遅延損害金が支払われないため、計上しません。

詳細

当初、他の弁護士に依頼されて訴訟が進んでいましたが、一審の最終段階で原告の意志を十分汲まないまま和解に応じようとしたため、困惑した原告が当ネットに相談され、途中で代理人を交代したという経緯がありました。

本件を受任して最初に驚いたのは、訴状そのものが未完成で、本来の損害が反映されていないことでした。過失を含めた損害の立証も極めて不十分だったため、我々は訴状を全面的に組み替えて追加請求するため、損害論について具体的な立証を一からやり直すことになったのです。

まず、大きな争点となったのは、過失割合でした。
事故の状況はいわゆる右直事故でしたが、現場が変形交差点だったことと、直進車である原告側にも速度違反があったことから、相手側は右折車であるにもかかわらず、なんと「自車の過失はゼロだ」という強硬な主張してきたのです。我々が代理人を交代した時点では、すでに相手への尋問は終わっていましたが、それでも最後まであきらめず、相手の無謀運転を立証。

その結果、被害者側の過失は20%に抑えることができました。
本件は加害者が任意保険未加入でしたが、結果的に賠償金は、被害者のバイクにかけられていた任意保険(無保険車傷害保険)から支払われました。 (神奈川・横浜地裁管内)

増額のポイント

一審も終盤になっての代理人交代は大変な部分もあったが、100対0という過失割合を主張してきた相手側に対し、最後まであきらめずに反論したことで大逆転の結果を得ることができた。
また、旧訴状には盛り込まれていなかった近親者の慰謝料についても、我々が緻密な立証を積み重ねた結果、600万円という高額が認められた。
さらに、当初の訴状のままだと無保険車傷害保険事案ということで弁護士費用も認められないところだったが、我々が途中から加害者に対する請求を追加したことで、弁護士費用も510万円確保することができた。

不本意な和解案に流されず、思い切って当ネットワークに相談に来られたことが、よい結果につながり、依頼者には大変喜んでいただくことができた事案である。