0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

父親の人身傷害保険を合理的に活用し死亡した4歳児の過失分をカバー

両親の心痛に配慮し慰謝料を増額

■死亡事故(判例014)
■さいたま地裁管内 和解

被害者データ 4歳 ・男児
被害者が道路を横断しようとしたところ、右方からの被告車両にはねられる 死亡 (埼玉・さいたま地裁管内)

認められた主な損害費目

損害額(単位:万円)

 

逸失利益

約2,430万円

慰謝料(両親分含む)

約2,500万円

葬儀費

約150万円

その他

約30万円
損害額 約5,110万円

過失30%控除後損害額

約3,580万円

既払控除(任意)

-約130万円

人身傷害3870万円のうち充当額

-約2,340万円

※調整金

約470万円
和解額 約1,580万円

※弁護士費用及び遅延損害金相当額

 

 

遺族受取額

 

父親の人身傷害保険

約3,870万円

加害者から賠償金

約1,580万円
合計 約5,450万円

詳細

本件は4歳児が死亡するという痛ましい事故でしたが、飛び出しの可能性が大だったということもあり、被害者側にも大きな過失を問われる可能性がありました。そこで、父親の自動車保険に人身傷害保険が付保されていることにいち早く着目した我々は、過失割合を加害者70対被害者30とし、先に人身傷害保険に被害者の過失分にあたる3,870万円を請求してから交渉を始めました。

また、一般的な慰謝料は2,000万円とされているのですが、両親の心情に配慮するよう交渉を進め、和解で500万円の増額を認めさせました。

その結果、調整金(弁護士費用と延滞金)470万円を含め、1,580万円での和解が成立。損害額5,110万円を上回る5,450万円を獲得することができました。 (埼玉・さいたま地裁管内 和解)

■増額のポイントと成果

本件の場合、示談では4歳の子どもということもあってせいぜい総額4,000万円が上限のケースであるが、人身傷害保険の請求に対する経験とノウハウを蓄積している当ネットワークが、この保険を早い段階で極めて有効に活用し、必要以上の過失論争を避けながら解決に結びつけた。さらに調整金も付加し、判決にも劣らない内容の和解を勝ち取ることができた。

成果

(1) 慰謝料については通常2200万円のところ、合計2,500万円(本人+両親)が認められた。

(2) 人身傷害をフル活用することにより、調整金470万円を合わせて5450万円の満額回収をすることができた。