0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

高次脳機能障害3級の72歳女性が損保示談案の2.3倍(総額約6,200万円)で示談したケース

介護料日額3,000円のほか高額な調整金を認めた

■高次脳機能障害(判例087)
■後遺障害等級:3級 確定年:2011年
■京都府 示談

被害者データ 72歳 ・女性 (主婦)
原告の原付バイクが直進中、後方から被告タクシーが追突 脳挫傷による高次脳機能障害3級 (京都府 示談)

認められた主な損害費目

損害額(単位:万円)

 

逸失利益

約1,460万円

休業損害

約560万円

将来介護料

約900万円

傷害慰謝料

約350万円

後遺障害慰謝料

約2,000万円

その他

約730万円

損害額

約5,490万円

既払控除(自賠責)

-約200万円

既払控除(任意)

-約2,140万円

※調整金

約340万円

最終金額

約4,000万円

※弁護士費用及び遅延損害金相当額

詳細

本件の被害者が当ネットワークに相談に来られたときは、すでに自賠責で後遺障害3級の認定を受け、2,144万円(本来は2,219万円だが高齢のため減額)を受け取られていました。相手側の損保会社からは、1,740万円の示談提示(逸失利益1,300万円、慰謝料1150万円、介護料1日1,500円を前提に算出)がありましたが、なかなか折り合いがつきませんでした。
しかし原告は、高次脳3級としては障害が重く、家事が満足にできず、デイケアに通う状態だったため、我々は逸失利益2,000万円のほか、遺障害慰謝料1,450万円、他失利益は1300万円、そして調整金としては高額な850万円も要求したところ、結果的に示談提示の約2.3倍にあたる4,000万円で示談することができました。(京都府 示談)

■増額のポイント

77歳・高次脳機能障害3級の事案としては、訴訟にも匹敵する6,200万円という極めて高額な結果を、比較的立証が簡便な示談で解決できた。特に介護料日額3,000円は特筆すべき高額といえるだろう。これらは全て当ネットワークの実績が評価され、損保会社との示談に生かされたものである。