0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

殺人未遂を犯した加害者に対する制裁と、被害者に対する慰謝が認められ、高額な逸失利益と慰謝料を勝ち取った事例

犯人は任意保険に未加入でしたので、被害者の父親の車にかけていた無保険車傷害保険に請求

■その他の後遺障害(判例006)
■後遺障害等級:9級
併合8級 確定年:2009年
裁判所認定額 約5,100万円
■千葉地裁管内 (判決)

被害者データ 15歳 ・女性 (高校生)
■被害者が青信号で横断歩道を横断中、飲酒・無免許・赤信号無視の無保険車に衝突される 加害者は衝突後も被害者を巻き込んだまま走行したため、殺人未遂で懲役十数年の実刑.。
被害者は左指運動機能障害9級 全身の醜状痕12級 併合8級 (千葉地裁管内)

認められた主な損害費目

逸失利益 約3,400万円
付添看護料 約300万円
傷害慰謝料 約500万円
後遺障害慰謝料 約1, 000万円
その他 約800万円
損害額
約6,000万円
弁護士費用 約400万円
遅延損害金※ 約300万円
総計
約6,700万円
既払控除 ▲約1,600万円
最終金額 約5,100万円

※確定遅延損金及び遅滞利息(11ヶ月)の合計概算額

詳細

高校に入ったばかりの女生徒が、悪質な交通犯罪によって大きな後遺障害を負うことになった大変気の毒な事案です。

犯人は任意保険に未加入でしたので、被害者の父親の車にかけていた無保険車傷害保険に請求することを前提に加害者を訴え、さらに弁護士費用も10%確保しました。
裁判ではまず、被害者が高校1年生であったことから、逸失利益の基礎収入をどうみるかが大きな争点となりました。この被害者は大けがの治療を続けながらも、努力して3年間の高校生活を終え、大学に進学しました。

そこで我々は、女性の平均賃金ではなく、男子の大卒(676万円)と女子の大卒(440万円)の中間値である558万円を基礎収入にすべきだと主張したところ、裁判官は我々の主張を全面的に受け入れた上で逸失利益を算出しました。これは大変画期的な判断だと言えるでしょう。

また、事故状況が悪質なことや加害者の対応が極めて悪かったことなどから、後遺障害慰謝料に関しては併合8級のところ7級相当の1,000万円を、また傷害慰謝料も500万円と極めて高額が認められました。 (千葉地裁管内 和解)

増額のポイント

加害者の行為が悪質な場合は、被害者の苦痛をしっかりと主張することで、逸失利益や慰謝料の増額につなげることができる。
本件の場合は、併合8級の障害でありながら、自賠責と合わせて6,000万円を超える高額(同年代の女性が死亡した場合とほぼ同額)が認められた。被害者の負った心身の痛手には100%応えることはできなかったかもしれないが、多少なりとも慰謝できたのではないかと考えている。また、無保険車傷害保険の遅延損害金の利率は、民法(5%)を使うべきか、商法(6%)を使うべきかについても争われたが、我々の主張どおり6%が認められたことも画期的と言えるだろう。