0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

脊髄損傷1級(両下肢麻痺)30歳男性の事案を総額2億1千万円で示談した例

当ネットワークの訴訟実績を理解した保険会社側弁護士との交渉に成功

■その他の後遺障害(判例015)
■後遺障害等級:1級 確定年:2009年

被害者データ 30歳 ・男性 (会社員)
自動二輪車で走行中、同方向の普通自動車による左折巻き込み事故。 脊髄損傷 両下肢麻痺1級

認められた主な損害費目

逸失利益

約1億1,080万円

将来介護料

約3,950万円

将来雑費

約980万円

介護機器費用

約1,260万円

車両改造費

約680万円

傷害慰謝料

約400万円

後遺障害慰謝料

約2,800万円

近親者慰謝料

約500万円

その他

約2,350万円

損害額

約2億4,000万円

過失12.5%控除後損害額

約2億1,000万円

既払控除(任意)

-約3,000万円

既払控除(自賠責)

-4,000万円

最終金額

約1億4,000万円

参考:受取額

自賠責被害者請求

4,000万円

示談金

約1億4,000万円

合計受取額

約1億8,000万円

詳細

当初、保険会社は当方過失15%を主張し、車椅子で動けるから介護料が不要など、対応が明確ではありませんでした。
当方は、まず被害者請求し、自賠責1級4,000万円を獲得後、保険会社に残額を請求したところ、保険会社の弁護士が付きました。保険会社の弁護士は、当方の実績を十分に理解しており、話し合いで解決したいと提案がありました。
その結果、過失は双方が譲歩して15%と10%の間12.5%で折り合いをつけ、総額で自賠責込み2億1千万円(手取りで1億8千万円)で示談しました。
示談としては極めて高額です。介護料は、裁判とほぼ同じ日額6,000円を認めました。また、慰謝料は、本人分2,800万円、家族500万円、合計3,300万円の高額を認めました。
当ネットワークの訴訟の実績を認めて、保険会社の弁護士がこれを認めた事案です。
脊髄損傷1級の事案を2億1千万円で示談したことは、訴訟と同視しうる結果であります。訴訟とほぼ同じということをご説明したところ、大変喜んで頂いた事案です。

補足

なおインターネット広告上などでは、着手金なし、提示額と解決額の差額10~20%を弁護士報酬として表示している事務所を散見します。被害者・ご家族の方は、単に増額すれば良しとするか、被害者・家族が慰謝できる解決を望んでおられるか、十分にご検討頂きたいと思います。

 詳しくは、トップページ中「2.合理的な弁護士報酬」 を御覧ください。