0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

【高次脳機能障害】赤信号進入を逆転し高額認定

過失を逆転し、高次脳機能障害2級に介護料日額8千円を認め、自賠責込みで8,700万円の高額解決

 

男性 受傷時37歳 症状固定時39歳

原告のバイクが直進中、信号のある交差点にて、対向右折車が衝突した。

高次脳機能障害2級


すべて読む>>

保険会社側は、原告に赤信号進入があるとして、過失相殺6割を主張していましたが、我々が緻密に主張し、過失割合相手6:当方4に逆転しました。

また、介護料については、視野障害を伴う高次脳機能障害で併合1級に相当し、声かけ見守り介助の負担が重いことを緻密に立証し、日額8千円を認めました。

自賠責込みで約8,700万円の高額な解決例です。

 

 

■損害額

 

損害額(単位:万円)

 

逸失利益

約6,160万円

将来介護費

約5,080万円

傷害慰謝料

約360万円

後遺障害慰謝料

約2,500万円

その他

約500万円

損害額

約1億4,600万円

過失40%他控除後損害額

約8,330万円

任意控除

-約110万円

自賠責控除

-約3,000万円

労災控除

-約710万円

※調整金

約900万円

近親者慰謝料

約240万円

和解額

約5,650万円

2016年8月