0120-89-0320

携帯電話からもご利用いただけます。

ご相談はこちら

1.被害者に優しい報酬体系

弁護士報酬につきましては、我々は次のように考えております。
まず、被害者の方々にとって、もっとも合理的で高水準な賠償を獲得できる方法を提供します。その上で逆算して、弁護士費用を決めさせて頂きます。上限は、当ネットワークの報酬基準ですので、ご確認ください。
そして、このように決定させていただく弁護士費用は、他と比較しても被害者の方々のご負担が最も少ない合理的な額となっております。具体的には、訴訟による判決の場合には、高額な結果が得られると共に、原則として弁護士費用のご負担が被害者の方に及ぶことはありません。また、訴訟以外の解決の場合には、個別相談のうえ、訴訟の場合と比較して、より減額した弁護士費用を決めさせて頂きます。さらに、このいずれの場合にも、被害者の方々の経済的状況によっては、着手金「0ゼロ」という対応をとらせて頂いております。
まず下記の
【2.弁護士費用などのご負担額について】で必要経費全般を説明し
次に
【3.弁護士報酬の詳しい説明について】以下で具体的な内容を説明します。
下記2および3をご覧下さい。


2.弁護士費用などのご負担額について

依頼者の方にご負担いただく「費用」については、以下の 3 つに大別されます。

■第1は、国に納める訴訟費用です。
■第2は、我々がいただく弁護士費用になります。
■第3は、訴訟の準備に必要な医師の意見書代、リサーチ費用などです。


第1は、訴えの提起をする場合、収入印紙を購入して貼付し、提訴の段階でこれを国に納付します。
第2は、我々にお支払い頂く弁護士報酬ですが、後述のとおり、当ネットワークの報酬基準を基礎としてお支払いいただくこととなります。
第3は、各種調書の謄写、カルテ翻訳、訴訟に必要な医師の意見書、各種専門家へのリサーチに要した費用、および旅費等です。訴訟で成果をあげるためには是非とも必要とされるものであり、実費のご負担を頂くこととなります。

上記費用は、当ネットワークの報酬基準で、適切・妥当な金額をお支払いいただくことになります。 お支払いいただく費用は、成果に比して合理的とお考えいただけるはずと自負しております。 当ネットワークは十分な準備と入念な証拠採取をもとに、法律専門家として依頼者の正当な利益の確保のために全力で事件解決に当たります。日本国内であれば全ての地域が対象です。遠方であっても、当事務所の理念に御賛同いただける依頼者については、十分なお手伝いができるものと考えております。
なお、当ネットワークにおいては、すべての受任に際し、費用及びその内訳を具体的に説明の上、契約書の作成を行っております。 また、 次に示す弁護士報酬につきましては、あくまでも目安でございますので、事案の状況、被害者のご事情等を踏まえて、十分ご相談に応じさせていただく所存でございます。 費用の点につきましても、お気軽にご相談下さい。


3.弁護士報酬の詳しい説明について

弁護士報酬の基本的な考え方と、弁護士報酬の具体的な内容については、下記をご覧下さい。

当ネットの弁護士報酬の基本的な考え方 当ネットの弁護士報酬基準