緊急なご相談はお電話でどうぞ フリーダイヤル 0120-89-0320 TEL:03-3667-0320 携帯電話からもご利用いただけます。

  • 文字小
  • 文字中
  • 文字大

文字サイズ

神奈川地方裁判所

トップページ ≫  地域別の判例 ≫  神奈川地方裁判所

神奈川の担当弁護士

写真

代表弁護士 古田 兼裕
各裁判所で、被害者にとって格差のない、先進的な判決を獲得することがこのネットワークの目的です。 被害者の方々、一緒にがんばりましょう 。
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-13-9 フォーキャスト人形町 4F
TEL:03-5640-1777
所属:東京第二弁護士会

写真

金子 宰慶
各裁判所で、被害者にとって格差のない、先進的な判決を獲得することがこのネットワークの目的です。 被害者の方々、一緒にがんばりましょう 。
所在地:千葉県千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F 
法律事務所大地
TEL:043-225-0570
所属:千葉県弁護士会

写真

加藤 克朗
私が所属している事務所は、6人の共同事務所です。さいたまの地でコツコツと歩んでいこうと、心がけています。
所在地:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-62 マレーS・Tビル403
はるか法律事務所
TEL:048-648-1111
所属:埼玉弁護士会

写真

岡田 正樹
所在地:埼玉県さいたま市大宮区仲町1-104 大宮仲町AKビル 9F
TEL:048-782-5491
所属:埼玉弁護士会

神奈川の判例

判例 : 高次脳機能障害

91


3級
併合2級

異議申し立てで高次脳5級から3級に等級アップ、医療知識に長けた当ネットワークの力量を発揮
併合2級でありながら逸失利益は実収入の100%を認めさせた例
2012年確定 横浜地裁管内 和解

070


3級

高速道路での追突。事故態様を丁寧に検証し90%過失の主張を40%に逆転
全費目で減額を迫る被告側の主張をことごとく退けた事例
2010年確定 横浜地裁管内 (和解)

068


3級

相手が任意保険未加入のため、自車の無保険車傷害保険を活用したケース
相手方からの過失主張に対し、事故の実態を解明して無過失を獲得
2010年確定 横浜地裁管内 (和解)

066


2級

病識のない被害者本人の話とは異なる厳しい介護実態を明確に立証
高次脳2級で職業介護日額1万4,000円が認められた事案
2010年確定 横浜地裁管内 (和解

062


7級

雇用の継続を理由に「等級を軽くすべきだ」とした被告主張を緻密な立証で完全排除
弁護士の丁寧なヒアリングで被害者の障害の現実を裁判所に理解させた例
2010年確定 横浜地裁管内 (和解)

061


2級

家族の詳細な陳述書により、2級でありながら1級相当の介護料を獲得
障害者自立支援法に基づく公的介護制度活用の活用案を法廷で排除
2010年確定 横浜地裁管内 (和解)

056


7級
併合6級

過失割合、基礎収入、労働能力喪失率、全てにおいて相手側の主張を退け、併合6級で1億3,600万円の高額を勝ち取った例
相手側の主張はことごとく退けられ、賠償総額は1億3,600万円となりました。これは、高次脳7級(併合6級)の女性としては極めて高額といえるでしょう。
2009年確定 横浜地裁管内 (判決)

055


1級

「症状は将来改善する」という相手の不当な主張を覆し、職業介護2万3,000円、家族介護8,000円という高額介護料を勝ち取った事例
裁判所は、ほとんど我々の主張どおり認め、介護料のみでも総額8,300万円という高額となり、さら慰謝料で計3,400万円という高額が認められました。
2009年確定 横浜地裁管内 (判決 )

045


1級

事故後、持病による脳梗塞併発。相手側の素因減額主張を専門医の協力で大幅に抑えた例
専門医の協力を得て詳細な意見書を作成した結果、相手側の主張を大幅に抑えることに成功
2009年確定 横浜地裁管内 (和解)

039


7級
併合6級

専門医との連携で事故から2年後、高次脳機能障害と診断された事例
被告側の「症状は軽い」との主張を、協力医の尋問で覆す
2008年確定 横浜地裁管内 (判決)

024


5級
併合3級

自転車に乗った9歳女児が高次脳5級(併合3級)の障害
交差点で過失1割、将来介護料を平均余命の全期間、日額4000円を認めた注目判例
2007年確定 横浜地裁管内

016


2級
併合2級

高次脳の新基準に基づき自賠責に異議申し立て
等級上昇後の損害の立証に成功した好事例
2005年確定 横浜地裁管内

009


併合2級

高次脳2級の介護料を日額1万円と認定
損保の不当な行為を理由に慰謝料も増額
2005年確定 横浜地裁管内

判例 : 死亡事故

005


和解直前で代理人交代。相手側が主張する一方的な過失割合を大幅に覆したケース
不本意な和解案に流されず、思い切って当ネットワークに相談に来られたことが、よい結果につながった
2009年確定  横浜地裁管内 (判決)

判例 : 重度脊髄損傷

判例 : 遷延性意識障害

022


1級

刑事裁判無罪により無責を主張する被告から高額賠償を勝ち取った大逆転例
刑事記録を緻密に検証して過失を見直し、さらに在宅介護を認めさせた
2011年確定 横浜地裁(和解)

判例 : その他の後遺障害

026


前車を避けようとして起こった非接触事故、損保提示1980万円が2.5倍の4750万円にアップ
実質的な減収のない被害者の逸失利益が争点に
確定 

003


話し合いでは600万円でも仕方なかったが訴訟での立証で倍額になった事例
物損の過失割合(示談済み)を、緻密な立証を行って逆転した事案
確定 

神奈川の交通事故関連情報

自動車事故対策機構が運営する最寄の療護センター

療護センター 千葉療護センター  神奈川県には療護センターがありません。
所在地 〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺3-30-1
病床数 80床
問い合わせ先 043-277-0061
交通案内
JR総武線「新検見川駅」またはJR京葉線「検見川浜駅」下車
千葉海浜交通・磯辺高校行  終点下車徒歩1分

 

病床委託 ただいま神奈川西域で計画がでています(平成27年8月現在)
所在地  
病床数  
問い合わせ先  
交通案内
 
 

神奈川県の被害者支援センター(交通事故の精神支援)

センター名
所在地
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
かながわ県民センター内
電話番号 045-311-4727

神奈川県の被害者団体等の紹介

高次脳機能障害関係

遷延性意識障害関係

脊髄損傷関係関係

 

その他

神奈川地方裁判所

△ページの上部へ戻る

トップページ
弁護士の選び方と当ネットワークの考え方
所在地・アクセス
参加弁護士プロフィール
注目された主な取扱事案
当弁護士ネットの特長
プライバシーの保護と広報活動
3つのご相談方法
獲得した画期的判例
高次脳機能障害
遷延性意識障害
重度脊髄損傷
死亡事故
その他の後遺障害
交通事故・3つの解決方法
後遺障害とは何か?
集団的に取組む解決の利点
特に注力している5つの事案
交通事故3つの解決法
交通事故紛争処理センターでの解決について
交通事故・損害費目について
弁護士等による具体的アドバイス
後遺障害患者に協力的な医療機関を紹介
交通事故と被害者の保険
被害者の立場にたった事案の見直し
知っておきたい保険知識
事故が起きたときの証拠保全
重度後遺障害の主な立証項目
被害者団体の情報や交流をお考えの方々へ
後遺障害でお悩みの方々へ
交通事故後遺障害認定前の方々へ
交通事故後遺障害認定後の方々へ
総合案内
サイト利用規約
交通事故関連リンク集
コラム
交通事故用語集
サイトマップ